正しい知識で蜂の巣駆除を行いましょう

蜂の巣が出来てしまったらどうする?知っておきたい対策法

所有するアパート、マンションに蜂の巣ができた場合その土地や建物の所有者が駆除を行なわないといけません。早めに退治しないと蜂の被害についても、責任を求められるケースがあります。駆除する場合は、業者にお願いする、自力で駆除を行なう二種類の方法があります。

蜂の巣の駆除は慎重に

蜂の巣が確認できた場合、不用意に近づいては行けません。まずは事前に巣の状態を詳しく観察したり、蜂の種類などの情報を集めたり、しっかりとした準備を行なうことが重要です。巣が小さい場合はハチ用殺虫剤などで駆除が可能ですし、アシナガバチの場合は自分で駆除する事も出来ます。巣が大きい場合や、スズメバチの場合は危険なので、業者に頼んだ方がよいでしょう。

ハチの巣

似ているようで全然違う~アシナガバチとスズメバチの見分け方~

蜂の駆除を業者に依頼する場合、蜂の種類で対処法や費用が異なってきます。まずは種類を確認しましょう。

ハチ
アシナガバチ
アシナガバチの巣は一般的な蜂の巣形状で、雨風が当たらない屋根の下などによく作られます。名前の通り脚が長いのが特徴的で、身体の色はレモンイエローの様な黄色と、黒で配色されており、フワフワと風に乗るような飛び方で移動をしています。この蜂の小さい巣なら、自分で駆除することも可能です。
キイロスズメバチ
キイロスズメバチの巣はマーブル模様でとっくりを逆さまにしたような形で、どんな場所にでも巣を作ってしまいます。脚の長さは長くありません。身体の色は、鮮やかなオレンジ色と黒で配色されており、ブンブンと滑らかに騒がしく飛んでいます。スズメバチの場合は小さい巣でも危険ですので、業者に駆除を依頼した方がよいでしょう。

専門家が教える蜂駆除費用で気を付けたいポイント

スズメバチの巣を駆除する場合は業者への依頼が必要になります。依頼をする場合、蜂の巣の駆除費用とは別に修繕費もかかる場合があるので、必ず合わせて確認しましょう。

お金と電卓

駆除費用相場

駆除を業者に依頼する場合、蜂の種類や大きさ、凶暴性などによっても費用が変動します。都市部に発生するスズメバチの多くは、コガタスズメバチやキイロスズメバチなどの種類ですが、同じスズメバチの中でもオオスズメバチのような蜂は非常に攻撃性が高く、強い毒性を持つ種類だと駆除する為に高い知識と経験、時間が必要になってくるので、費用があがります。

  • アシナガバチ:15,000円~20,000円
  • スズメバチ:20,000円~50,000円

修繕費用

天井や壁に蜂の巣がある場合は、その部分を壊して駆除したり、今後の為に点検口を施工したりと、費用だけでなく、修繕費が別途にかかることもあります。蜂の巣は業者が行い、修繕は提携の大工さんに頼む業者の場合ですと、マージン料が発生しますので、可能であれば蜂の巣の駆除から家の修繕まで行なっている業者を探すとマージン料分安く駆除と修繕が出来る事になります。